Kristina Mladenovic

いま、立ち姿の美しさではこの娘が一番。
とにかくシュッとしていて美しい。
驚くほど手足が長く、信じられないほど高い位置に腰がある。

いつだって背筋をシャンと伸ばして、スーパモデルのような容姿と動きでコートを駆け回る。
持って生まれたモデル体型に、アスリートだけが持つことを許される研ぎ澄まされた肉体の美を併せ持っている数少ない選手だと思います。
なんというのかな、なんだか鋭角的な美です。
触れるとケガをするような美しさと躍動感です。

たまたまいま、人類史、ヒトの進化について、簡単に言えばピテカントロプスとかネアンデルタールなどがどうしたこうしたという本を読んでいるのだけど、人類学的に現生人類は、白人も黄色人種も黒人もひっくるめて全て同じ種から進化した、同種の『属・種』ホモ・サピエンスということになっているらしい。
でもさ、彼女などの『種』と我々、胴長短足族とでは素人目には明らかに種が違っているようにみえるのは錯覚だろうか?
これも無学ゆえの誤解というのでしょうか?

2017年の1月現在ではシングルで51位、ダブルスで3位。
去年はシングルで30位近くまで上がった記憶があるけれど、30位40位の付近は、いわゆる団子状態だから、ちょっとした勝ち負けで大きくランキングが変化する位置ですよね。
過去の成績からも、ランキングでも表している通り、どちらかと言えばダブルスの選手なのでしょうか。
去年は全仏かどこかで女子ダブルスで優勝したはずです。
確か僕の大ファンの、Elena VesninaさんとEkaterina Makarovaさんを破っての優勝でイラッとしたです。

なにか強烈な武器があるような印象は無いけど、いつのまにか勝ち上がってくるタイプの選手の一人です。
あの長い手足を有効活用してパワーヒッターに育ってほしいと思うのですが、今の女子選手はみんなデカイから、そこを勝ち抜くには並大抵ではないことなのでしょう。
ぼくは基本的には、ダブルスには興味がないので彼女にはぜひともシングルで活躍してほしいと願う今日このごろなのです。
だってさ、そう言っては失礼だけどコロっとした選手がコートを駆け回るより、彼女のような選手が走り回るのを見るほうが、見ていても楽しいじゃん。

まだ23歳。
でも近代テニスは総じて早熟でピークを迎えるのも早いので、グランドスラムのセンター・コートでいつも見る選手に早くなって欲しいな。

てなことを書き連ねていたら…
ネットのストリーミングでロシアのサンクトペテルブルクの大会を見てたら、2回戦でVenus Williamsさんに6:3、6:1のストレートで勝っちゃいましたね。なんかパワーで押し切った感じだったな。
年齢を考えて、Venusを応援してたんだけど、全豪の疲れが取れてなかったんでしょう。なかなか思うようにうまくはいかないっす…

余談だけど、あのお名前から勝手に察すると…
ご両親は東欧とか、旧ユーゴスラヴィアの方から紛争を逃れてフランスに渡ってきた人なんじゃないかな?
日本では遠い地域の出来事として、旧ユーゴで起こった紛争、戦争については関心も薄いけど、人類史に残した「民族浄化」という汚点については、もっともっと詳らかにされて然るべきだと思います。

サラ・ポーリーの映画『あなたになら言える秘密のこと』や、ハヤカワ・ミステリから出ているジョナサン・ホルトの『カルニヴィア』などが旧ユーゴスラビア紛争を下敷きにした作品です。

好き…
夜、メンマ、抹茶、麻婆豆腐、揚げたてコロッケ、鯵の干物、古典落語、猫
 
嫌い…
朝、レバ刺し、らっきょう、玉子かけご飯、満員電車、安倍晋三

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする