Elena Vesnina(エレーナ・ベスニナ)さんのこと

たしか一昨年は、ランキングを90位くらいまで落としていたと思うけど、昨シーズンから再び調子を上げて2017年のインディアン・ウェールズ開催前には、WTA15位にランクされている。

僕的に、今もっとも応援している選手のひとりで、何と言っても驚くほど美しい。
WTAオフィシャルサイトのプロフィールページを見て欲しい。
いきなりの、このお姿なのです。

 

そして、そして、なんというのかな、とても品がよいのです。
立ち居振る舞いのひとつひとつに品があるんだよね。
コート上でも、USの一連の選手のように傍若無人に感情を爆発させるようなこともなく、相手のミスプレイにも大声で「カモーン」と発することもなく、節度ある抑制された振る舞いが礼儀正しく美しい。

ただ、とてもとても残念なことに、彼女は昨シーズンのオフだったか、ご結婚をなされたとか…
残念でならない。

もし今後、ダンナが浮気でもして、「くやし〜〜、私も浮気してやる〜っ」てなことが起こったなら、ぜひとも僕に連絡していただきたいものである。

さて、容姿のことはさておき…
このElena Vesninaさん、失礼ながらどちらかといえばダブルスの選手で、シングルではいいところまでは行くけど、ベスト16くらいで姿を消す選手だという印象がありましたが…
事実、キャリアを見てもダブルスでは2013年のローラン・ギャロス、2014年には全米で、2016年にはリオ・オリンピックで優勝と輝かしい成績だけど、シングルではWTAタイトルは2つという成績です。
まあ、もっとも、数千人のプレイヤーがしのぎを削るWTAツアーで、シングルのタイトルをひとつ獲ったことがあるというだけでも、世界のトップに立つということだから凄いことなんだけどね。

で、今週のインディアン・ウェールズではあれよあれよとクオーターにつづいてセミも勝ち進んで、ファイナルに上がってきちゃいました。
マッチ・リストを見ても
・一回戦 シード
・三回戦 Shelby Rogers
・三回戦 TimeaEA Babos
・四回戦 Angelique Kerber
・クオーター  Venus Williams
・セミ Kristina Mladenovic
と、強豪との戦いを勝ち上がってきました。

とくに、四回戦のカーバーをストレート、クオーターのウイリアムズ姉をフルセットで撃破したのは凄いです。

まあ、WTAランクが15位なのだから当然の結果といっていいことなのかもしれないけど、今までの戦績を考えると、快挙だと思います。
なんせ、グランドスラムに準じると言われる大型の大会で、主だったトップ選手がほとんどエントリーしているという大会なのだから、ローカルな東レ杯などとはわけが違いますよね。

そして、決勝の相手は同じロシアのSvetlana Kuznetsovaさん。
この人は現在ランキング8位で、地味だけどいっつもどの大会でもベスト4くらいまで勝ち残ってくる強い選手です。
同じロシアの選手として共に、フェドカップの代表選手ではなかったかな?
エレーナさんは1986年の生まれだから、今年で30歳。
美しさにはますます磨きがかかるお歳だけど、テニスプレーヤーとしてはピークで、あとは
現状をどれだけ維持できるかでしょう。

これを書いている現在で、決勝のセンターコートまではあと12時間ほど。
数少ないチャンスを生かしてほしいものです。

しかし、相手のクズネツォワさんは全米、全仏のタイトルもある強い人だからな―
どうだかな〜〜

好き…
夜、メンマ、抹茶、麻婆豆腐、揚げたてコロッケ、鯵の干物、古典落語、猫
 
嫌い…
朝、レバ刺し、らっきょう、玉子かけご飯、満員電車、安倍晋三

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする